不動産物件管理システムi-RMSは、売買物件の公開・管理機能を備えた不動産ホームページです。29,800円より承っています。

不動産管理システムi-RMS

ホーム > なぜ反響が出ない?

なぜ反響が出ない?

多くの不動産事業者は、自社物件を案内する不動産ホームページをお持ちですが、自社のホームページから反響が出るのはほとんどありません。

なぜ反響が出ないのでしょうか?


不動産売買のホームページで反響が出ない理由

このホームページをご覧になっている方は、自社ホームページの集客でお悩みの方と思われます。

弊社では、これまで不動産売買を中心に多くのホームページをコンサルティングしてきましたが、その中でいくつかの共通点があることを知っています。

多くの不動産売買のホームページは、

  • ただの会社案内になってしまっていること
  • 自社の強みを生かし切っていないこと
  • 物件数が少なすぎること

などにより、なかなか反響が出ず伸び悩むことになります。

特に物件数については、不動産に携わる多くの企業にとっての課題で、今すぐ簡単に解決できるものではありません。

そこで、弊社はこの物件数に着目し、不動産売買に特化した魅力的な提案をしています。


自社ホームページに力を入れていない

弊社では、不動産事業者のホームページ制作や、Webコンサルティングなどのご相談をいただきます。その中で、ある共通点を発見しました。

それは、驚くほど自社のホームページに力を入れていないこと、だったのです。

メインメニューである物件情報はおろか、ネットショップで言えば、「商取引に関する表記」にあたる会社情報の掲載がない会社様もありました。

これでは、反響が出るはずもありません。

ホームページの集客に長けた企業をパートナーに

不動産事業者の多くは、ホームページについての知識が不足しています。

不動産事業者は、当然のことながら本業に力を注ぐべきですが、ホームページの集客に長けた企業をうまく活用し、自社ホームページへの集客を推進すべきです。


ペーパーメディア(雑誌広告・チラシ)への依存

不動産事業者の多くは、驚くほどペーパーメディアへの依存度が高く、無駄なコストとも思える広告費を使い続けています。しかも、反響が出なくてもやむを得ない、といったあきらめムードたっぷりです。

チラシはいずれ捨てられてしまいます。たとえば、チラシに月に3万円のコストをかけているなら、インターネット広告リスティング広告)に切り替えるべきです。

多くの見込客へアプローチでき、自社ホームページへの集客を推進することができます。


大手不動産情報サイトへの依存

不動産事業者の多くは、インターネットの広告は大手不動産情報サイトで良い、と考えています。

これには本当に驚きました。

なぜ、自社ホームページに力を入れず、大手不動産情報サイトにばかりお金をかけるのでしょうか?

これは、大手不動産情報サイトは、多くのインターネットユーザーが見にきますし、ネームバリューや物件情報の豊富さが挙げられますが、実はデメリットも多く存在します。詳しくは、不動産事業者の集客の現実でも解説しています。

Copyright © 2012 i-RMS.net. All Rights Reserved.