不動産物件管理システムi-RMSは、売買物件の公開・管理機能を備えた不動産ホームページです。29,800円より承っています。

不動産管理システムi-RMS

ホーム > ホームページに必要な要素

ホームページに必要な要素

もしあなたが不動産事業者の方でしたら、もう一度自社のホームページをご覧になってみてください。不動産事業者のホームページには、大きく分けて2つのポイントがあります。

1.物件を魅力的にPRできていますか?

  • 最新の物件情報はありますか?
  • 写真はきれいに撮れていますか?
  • 間取り図は見やすいですか?

2.ホームページは見やすいですか?

  • 情報が整理され見やすくなっていますか?
  • 物件情報の文字は見やすいですか?
  • お問い合わせ機能は付いていますか?

一つでも該当した場合には、ホームページの見直しが必要かもしれません。

不動産ホームページは、何より情報の質が求められていますが、必ずしも十分ではないケースが多いようです。不動産ホームページによくあるケースを紹介します。

  • 情報量が不十分で、問い合わせる価値がない。
  • 「写真」や「間取り図」の表示がない。
  • 基本的な情報「土地面積」などの表示がない。

このようなホームページは、それだけでアウトです。検討材料が減れば、購入候補から外れる可能性が高くなります。

一本でも反響を得ようとするなら、多少の時間と労力をかけてでも、表示すべき情報は掲載すべきです。


地域密着のホームページに

多くの不動産事業者は、地域に密着した事業体制を持っています。インターネット・ホームページを活用することで、コストパフォーマンスに優れたツールとなり得ます。

これには、まず見やすいホームページを作り、リスティング広告SEO対策によって、効率よく見込客を集客するための仕掛けを作ることが重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © 2012 i-RMS.net. All Rights Reserved.