不動産物件管理システムi-RMSは、売買物件の公開・管理機能を備えた不動産ホームページです。29,800円より承っています。

不動産管理システムi-RMS

ホーム > メールでのやり取りが有効

メールでのやり取りが有効

インターネット・ホームページにおいては、リアルな不動産店舗と違って、わずらわしいコミュニケーションが一切不要です。(コミュニケーションをとりたくない方も多くいます。)

好きなだけ物件情報を見て回り、気に入った物件を見つけることができます。気に入った物件があれば、ブックマークをして再訪に備えますし、定期的に物件情報が更新されていれば、リピート客・購読者として定着します。


ネットユーザーはメールで手厚くフォロー

そのため、インターネットでの効率的な集客においては、ホームページでの情報公開と、メールによるコミュニケーションが好印象です。

ただし、メールによるコミュニケーションについては、不動産事業者側に問題を抱えているケースが多いため、現実的には見込客を相当逃してしまっているのが現状です。

メールでのコミュニケーション体制、知識やノウハウを向上させ、インターネットのお客様を逃さないことが大切です。

メールアドレスは、担当者それぞれ持っても良いのですが、メールに不慣れな不動産事業者は、一つのメールアドレスを利用すればよいのです。そうすれば、みなさんでメールの送受信履歴を把握できますので、お客様のメールを見逃しません。


メールの書き方一つで決まる

メールの書き方も重要です。

セールストークばかりが先行してしまうと、お客様は逃げてしまいますし、あまりにインパクトのないトークでも関心を持ってもらえません

そのため、ネットユーザー特有の、ある種のコミュニケーション方法をとることにより、見込客の興味関心を最大限引き出すことが可能です。

メールの書き方についてご興味を持っていただけましたら、当サイトまでお問い合わせください。有料ではありますが、反響を得るためのメールの書き方をレクチャーします。


ネットユーザーは深追いしないこと

また、ネットユーザーに対しては、深追いしないことが鉄則といえます。しつこくメールを送りつけても逆効果、一度引いてみるのも有効な手段です。

その際は、メールマガジンなどで「新規物件を掲載しましたので、お時間に余裕があるときご覧ください。」といった柔らかいメッセージでさりげなくお知らせするのも有効です。

メールマガジンの効果的な運用についてご興味を持っていただけましたら、当サイトまでお問い合わせください。有料ではありますが、より反響を得るためのメールマガジンの運用法をレクチャーします。

 

 

 

 

 

Copyright © 2012 i-RMS.net. All Rights Reserved.